2016年09月23日

Rサイトを作っちゃおう

なぜかいまさらDualMaxi ネタです。

今年の春ごろに作ってすっかり忘れてましたよ。

アンリミで使ってるDualMaxi にはマルイNight Warrior のRサイトが載ってます。
これを軽量化のために樹脂で複製したRサイトに交換します。

普通に考えればシリコンで型をとって、レジンで複製…
いまどきだったら3Dプリンタ…

いえいえ、たかがRサイトにそんなイニシャルコストはかけられませんて。



というわけで

みんな大好き おゆまる!



アンド ホットボンドガン!(っていうのかな?汗)



コイツでNight Warrior のリアサイトにムニュムニュっと…





おゆまるは一度柔らかくしてホットボンドと同じくらいの太さの丸棒に整形してから使いますよ。

で最初はRサイトのまわりを薄く覆って、いったん固まってからその上にさらに覆っておゆまるを二重にします。
そうすると型の強度を確保しつつ離型しやすくできます。




で、その型の中にプラリペアをチマチマと盛っていきます。
と、言っても僕が使っているのはプラリペアではなく100円ショップシルクで売っているアクリルリキッドとアクリルパウダーですけどね。
で、このパウダーが白とクリアしかないので…



このアクリル塗料でリキッドのほうに黒い色をつけて使います。
パウダーはクリアを使いますよ。

それとネジ頭(ダミー)も作って…








途中の写真もなくホワイトドットいれて唐突に出来上がりがこちら(苦笑




慣れればもっとキレイに作れますが面倒なのでこれで…w

パウダー、リキッド、おゆまる、注射器が各100円。(プラリペアのスポイトより注射器のほうが使いやすいです)
ホットボンドガンがたしか300円? これも100円だったかな?100円のヤツの中にはワット数が低くて使いにくいものがあるので注意。
ノズルがプラリペア用の横に穴があるヤツでこれもたしか300円くらい。

と、ゼロからそろえても1000円強くらいでしょうか?
パウダー、リキッドはスライド補修とかフレームの裏打ち補強なんかにも重宝しますよ。














以下再掲~


2016年10月2日 第十八回 MMS Shooting Club (仮 部活動のお知らせ

日時:2016年10月2日(日) 17時開場 18時スタート

場所:新宿 MMS

参加費:¥2500
今回のテーマ:MMSで10月開催予定?の「Practical Steel (仮」のテストマッチをやろうと思います。
ええ、テストです。 もっと言えば実験ですよ。 この日だけでお蔵入りする可能性も無きにしも非ず!
ステージ数は未定です。
可能な限りたくさん考えていくので片っ端から実験していきますよ!

ザックリ言うとスティールチャレンジのアウターリミッツみたいにスティールプレートを撃ちつつ移動もあるステージが多いです。
動きやすい服装と靴でご参加ください。




参加資格:18歳以上で「競技」としてエアガン射撃をやってみたい方。
ですが、必ずしもメジャーマッチ参加を強制することはありません。 
また、競技経験の有無や、そもそもエアガンの経験の有無というのも一切問いません。
これからエアガンを買って始めてみたいという方、サバゲーはやったことあるけど…という方も大歓迎~!

必要なもの:シューティンググラス、ゴーグル等のアイプロテクション(必須) 身分証明書 
ガスブローバック式のエアガン、予備マガジン、ホルスター、マグホーチ、BB弾、ガス等をお持ちください。
いつもは必須ではないんですが、今回は予備マガジン、ホルスター、マグホーチ必須となります。
お持ちでない方は事前にご相談ください。


※注意:お持ちいただいたエアガンは全て弾速チェックしますのでくれぐれも法定初速をオーバーしたエアガンを持ち込まないようご注意ください。
またハンドガンの金属外装もフルメタル・ハーフメタル問わず持ち込み禁止とします。



エントリー方法

MMSのHPの予約ページにあるフォームに日付、必要事項等をご記入いただき
「フィールド貸切」となっているプルダウンを「Shooting Club」に変更して送信してください。
エントリー受付は10月1日20時までとさせていただきます。
エントリーのないまま当日にいらっしゃってもご参加いただけませんのでご注意ください。

ご質問等は今まで通りmmssclubあっとgmail.com までメールでお願いいたします。












THINK. DON'T PLINK.



















  

Posted by deli  at 15:01Comments(0)Dual Maxi M1911-A1 ver.3

2016年05月06日

再始動失敗~

先日MMSにて今期二度目のDual Maxi 練習、というかテスト。

前回は最初の2ステージはじっくりマガジン温度の管理をしながら撃って10秒前後で撃てたんですが、その後温度管理をできないペースで一周したら作動不良連発で断念…。

で今回は一人だったこともあり、しっかり温度管理→1ステージ撃つ→ガスを入れ温度を上げる(本番想定でカイロ&人肌)あいだにDさんとダベる→1ステージ撃つ→…の繰り返し。

木スタートで11.74秒…まぁクセの強いDual Maxi で木コールドスタートなら上出来、上出来!
一度初弾の排莢がジャムったのが気になりますが…。

続く火は無難に10.90秒…。

木火この調子なら50秒切りは無理でも55秒は楽勝じゃない?と臨んだ土…。
前回、初弾をラクタンに放り込んだらマガジンガスケットが飛び出ちゃってスタックしたのを思い出し
12.5→ラクタン→ラクタン→12.5→ストップ に変更。

が、…最初のラクタンから次のラクタンへ思いっきり振ってトリガーを引いた瞬間、残弾をフルオートで吐き出すDual Maxi!笑

ライブカートハンドガンのフルオートキモチイイ~!w

じゃなくて…汗

おう…どうやらシアがディスコネか…。
スペアパーツは持って行っていなかったので取り敢えずシアスプリングをちょっと弄ってみるものの変化なし…。

またしても一周できずにリタイアとなりましたよ(苦笑



帰ってからシアスプリングを交換したところ、どうやら思いっきり振り上げたり振り回したりしても症状は出ないもよう。
スプリングがヘタッちゃったんでしょうね。
まあ本番前に症状が出てくれてラッキーということにしておきましょう。

次は一周できるといいなぁ~w


まともに撃てて且つ動画を撮っていた「火」をアップしましたよ。







5月8日のMMS Shooting Club はひたすらアンリミ廻しますよ!
今回はガスブロハンドガンに限らず、アンリミレギュレーションに準じた銃で参加可能です。
お時間ある方はぜひ!(^^)  

2015年05月19日

2015 アンリミテッド

参加してまいりましたよアンリミテッド!




当日は三社祭と重なって、朝の会場まわりの混雑が心配でしたがどうという事もなく無事に到着できました。

で、今回も例によって写真はほぼ無し(汗

Live Cartridge Squad のメンバーの動画を撮る(半分は練習仲間のフルウチくんにお願いしちゃったわけですけど…汗 フルウチくんありがとう!)のと撃つ準備でイッパイイッパイでして。

といういつもの言い訳をしつつ取り敢えず自分の動画だけざっくり繋げてアップ



Fire Flame からスタート。
今期は練習では速く撃つのと同じくらいペースをコントロールする、ということにも気を使って練習してきました。
緊張はしていましたけどサイトチェックの時もペースを意識して、サイトもちゃんと見えてる!

さあ!1stストリングまずはゆっくり確実に!の初弾……!? アレ?ブローバックが元気ないぞ?
続く2枚目!相変わらず元気なし!サイトはしっかり乗ってるはずなのに着弾音がしない!?
しかも全く弾道が見えない、ということはドロップしてるんだ!
てなことを考えながら撃った3枚目はふつうに外し(笑
これは仕切り直しだ、と思ってゆっくり狙点をプレートの上に修正してリカバリー。

2ndストリングス以降も総じて元気がなく、狙点を上げて…って思ったら真っ直ぐ飛んで上に外したり(笑
かと思うとやっぱり届かなかったり(汗
ドタバタと一つもクリーンできない苦しい立ち上がりになってしまいましたよ f(^_^;


この不調について考えるに、会場入りしてからマガジンのガスを計量して机の上に置き、その後マガジンポーチに入れて撃ち始めたためマガジンの温度が低かったと判断。
2ndステージ以降は計量後にマガジンをポケットに入れ、撃つ直前にマガジンポーチに移動することにしました。
(動画内のGrand force でポケットからマガジンを出しているのは直前にマガジンポーチに移動するのを忘れたためw)


いきなり4秒以上の借金スタートで、いままでなら「この後なんとか挽回しなくちゃ!」と焦って自滅していました。
でも今期は試合前からとにかくペースを守る!と自分に言い聞かせてきたのであまり焦りは無かったですよ。


で、ある意味1stステージより緊張の2ndステージ。
マガジンは暖めたから狙点は通常通りと判断。
1stストリング、やっと5発で済んだよ~ (^_^)
その後も3rdストリングスまでクリーンして4thストリングスでジャム!
まぁこれはご愛嬌w
するとうしろから「ナイスジャ~ム!」っていう意味不明な掛け声w
すかさずROが「ナイスクリアでしょw」とツッコむ(笑
いいね!これぞLCS!笑
気持ちも調子も上向いてきましたよ。


ここから先はいつも通り気持ちよく撃てました。 
いつも通り!? そう、いつも練習で使っていたマルイと同じ感覚で!
なにせあんまり沢山撃つと壊れちゃうDualMaxi (爆
練習の95%はマルイで撃っていました。
但しリキッドチャージで撃つと元気良すぎて全然撃ち味もサイクルも違ってしまうので、圧を下げたエアタンクを使って疑似DualMaxiですよ(^^)
初弾だけはマガジンの都合上マルイよりちょっと時間を掛けるんですが、本当によく動いてくれました!
やはりやれば出来る子だぞ!DualMaxi !(^^)



で、最終的には58.09秒でアガり、目標の60秒切り達成!やったね


今期はお休み、なメンバーもいましたがやはり盛り上がりましたよ Live Cartridge Squad !
これもひとえに運営に携わったすべての方々、出場なさった選手の皆さん、ギャラリーの皆さんのおかげです
どうしても(主に僕のために(汗)カート受けのネットの設置・撤収やカート回収で時間や手間が掛かってしまうところを、ROの皆さんやシューター、ギャラリーの皆さんにご協力いただき、他のスクワッドに引けを取らないくらいスムースに進行できていたと思います。
ありがとうございましたm(_ _)m

ちなみにご報告しておくと今回のカートの行方不明数は…



なんとゼロでした!!笑

いやホント会場でも「無くなっちゃっても全然大丈夫です」と言っていたんですが、皆さん一生懸命探してくださり、会場の撤収・清掃の際にも見つけて持ってきていただいたり本当に感謝です!
ありがとうございましたm(_ _)m



そして今期も練習の場を与えてくださった赤羽フロンティア山中社長Takuさん
新宿MMSのオーナーにしてLCSメンバーでもあるDさん

ありがとうございましたm(_ _)m







LCSの事はまた改めて(^^)




  

2015年05月13日

カートを復活させちゃおう その後

さてさて、カートパッキンのブレーキフルード漬けの続きですよ。



漬けた直後に丁度良い感じになったパッキン。

しばらく置いても変化ないかな~?と様子をみていましたが…

どうやら漬けて、洗浄してから数日かけてさらにじわじわと膨張するようで、キツくなっていました。

なので漬けた直後は「ちょっとユルいかな~?」くらいにして数日寝かせてから使用、というのがよさそうです。

今回のDualMaxiのカートでいうと…

カートに入れたBB弾がきちんと保持されないくらいユルいパッキンの場合、パッキンを外して30~45分間ブレーキフルードに漬けてから流水で洗浄。

カートにパッキンを装着して数日放置。 という感じでしょうか

あ、一応書いておいたほうがいいのかな?まあ実際にやってみようという奇特な方はそうはいらっしゃらないと思いますが、もし試す場合は自己責任でお願いしますね。

それとブレーキフルードの入手や取扱いの際の注意についてはご自身でお調べくださいませ。





この後どれくらいの期間この状態を維持できるのかは今後も継続して様子をみていこうと思います。





さ~てそろそろバルブハンマー交換しないと…  

Posted by deli  at 12:20Comments(0)Dual Maxi M1911-A1 ver.3

2015年05月12日

カートを復活させちゃおう

スライドは取り敢えずくっつけました。
木曜日の練習で1周と本番の1周の合わせて2周、保ってくれればいいのですが…笑

バルブハンマーはまだ手がつきません。なんかこう、ヤル気が湧いてくるのを待っている状態ですよ。


さて、今年はDualMaxiではほとんど練習してないので無くしたカートの数も少ないんですが…

いかんせん選別後に使えないカートが多すぎる!
さらに今年で3年目となったDualMaxi、途中で補充したカートもあるとはいえ古い物はだいぶパッキンが痩せてしまい選抜漏れ続出…。

まぁそのぶん以前にパッキンがキツめで弾かれていたカートが選抜入りしたりもしてはいるんですけどね。

とにかくユルくて使えないカートが沢山あるので、こいつらを使えるようにどうにかしてやろうとここ数週間いろいろやっておりました。

以前にはパッキンの外周に瞬間接着剤を薄塗りして調整したりもしてたんですが、まぁこれがメンドクサイうえにパッキンが硬くなって結構シビアだったりしたので、今回は違う方法で調整していきます。




きっかけは今期の初め、カートの選別でユルいものがそれまでになく増えていることに気付いたことでした。

漠然と「あぁパッキン痩せちゃったんだなぁ」と。

! 痩せたんならまた太らせればいいんじゃね?

ってことでまずは数発選んで手近にあったシリコンスプレーをブシューっとね。

で、時間を置いて経過を観察します。

…10分…30分…1時間…3時間…6時間…12時間…24時間…。

…。

うん、変化なし!笑

ホップパッキンなんかがブヨブヨになっちゃった経験とかあったのでイケるかと思ったんですが、なかなかの耐油性があったようですよ。

よっしゃソッチがその気ならコッチだってとっておきのヤツを出しちゃうぜ?

ってことで出してきたのがブレーキフルード(DOT 4) !

耐油ゴムでもこいつにかかればイチコロだぜ、ってことでドボン…



10分後に水洗いして様子見…とりたてて変化なし。

再度10分間漬けてから水洗い…お、なんかちょっときてるよ。でもまだユルいね。

さらに10分間…う~ん、変化が少ないご様子。

じゃあ更に30分間…キタコレ!

ゴム表面が柔らかくなり、しっかりとBB弾を保持しつつ抜弾抵抗はキツくならない絶妙なバランス!




第二陣はいきなり30分から…変化はあるがまだユルい。

さらに30分…おろ?最初のよりはユルいか?

さらに30分…おう!キツくなっちゃったぜ?汗

う~ん、せっかくだから別の実験もやってみるか…

ってことでキツくなっちゃたパッキンをお湯で煮る



沸騰したら火を止めてパッキンを投入。

30秒後に引き上げ…変化なし

さらに30秒…お!いくつかは丁度よくなったじゃん!

さらに30秒…さらにいくつか復活!

さらに30秒…ここからは変化なし。

というわけで8割くらいはリカバリー成功。



大体漬けるのは30分~1時間までってとこでしょうかね~?

で、丁度よくなったパッキンがその後どうなるか、数日間経過を観察することにしました。



つづく










  

Posted by deli  at 00:55Comments(0)Dual Maxi M1911-A1 ver.3

2015年05月11日

折れたバルブハンマー パート2 (ついでにスライドも割れたがな編

え~っと、以前に交換したバルブハンマー、もう折れました…苦笑



最新ロットのバルブハンマーがこうもあっけなく折れてしまうと今後困りますな…。
こうなると初期ロットか中期ロットを使うしかなさそうです。どっちにしようかな…?


さらにスライドも割れました。



どちらも想定内っていうかココ以外は壊れない、とも言えるんですけどね。

幸い?試合直前ではなかったので治せるから良かったですが…これ治しても怖くて練習できないぞ?笑

今週は火曜日フロンティアさん、木曜日フロンティアさん、土曜日MMSさん、というスケジュールで練習しようかと思っていますが、DualMaxiでの練習は木曜日のコールドのみにしますかね…汗  

2015年04月26日

色塗っちゃおう

またブログちゃんと書こうかね~、って思ってたんですが…やっぱり続きませんでした(汗

そんなわけでMarushin Dual Maxi M1911-A1 ver.3

すっかりブログ放置している間に色塗りました。








写真これしか撮ってなかったぞ…

2月の終わりにシェイクダウンして、ちゃんと動くのが確認できたら俄然ヤル気がなくなってしまい…。

サフも噴かずに本噴きしたらまぁ出てくるわ出てくるわ、アラが…w

でもどうせギャラリーからは見えないだろ!?ってことでヨシとしました (^_^)



ここまで書いてからこんな写真が出てきたので一応載せておこうっと…。





ブリーチのフタの部分ですね。

結構重いので半分くらい切り落として、一部をABS板に置換しました。

さらにNight Warrior のリアサイトにネジを切り直して裏から留めるようにしてあります。

これでスライドグループの軽量化が一通り完了しました。

結局どれくらい軽くなったんだっけな…?

忘れたので今度バラす機会があったら計っておきます。忘れなければ。






あれ?さらに思い出したけど、グリップのことって書いたっけな???

ダブってるかもしれないけど一応書いておこ…。

ノーマルはウエイト無しのプラグリップですが、軽すぎて安定しないのでマルイのウエイト入りグリップに交換しました。

そのままでは着かないのでウエイトが入るようにフレームを削ってあります。






で、今度はカートの選別もちゃんとして、一周まわってみましたよ。



ひゃ~、やっと「Dual Maxi で60秒切り」の達成です(汗

残す課題は「マルイで50秒切り」ですよ。

50秒までは来たんですがあとゼロコンマ数秒がなかなかどうして…笑


  

Posted by deli  at 21:55Comments(3)Dual Maxi M1911-A1 ver.3

2015年03月03日

折れたバルブハンマー

ver.3制作ネタからちょっと横道に入りますよ。

ver.3制作にあたりベースガンは外装→ver.1、中身→ver.2中古 を使っています。

で、制作中に試射した時に早速バルブハンマー(ハンマーとバルブノッカーを繋ぐ部品)が折れました。
ここは去年も折っていて、いかにもすぐに折れちゃいそうな部品です。
前回はver.1から部品取りしたので、今回はその分も含めて当該部品を2つマルシンに注文しました。

実はその部品も含めてシア周りの部品はver.1とver.2で表面処理や形状が微妙に違う(ver.1のほうがきれい)んですが、今回問い合わせたところ現在は共通部品です、との事でした。
それでも一応注文の際に「DualMaxi M1911-A1 ver.1」として出しましたけど。

数日でやって来たのがこちら(マルシンさん早いですね)




右が新しく来たバルブハンマー、左が今まで使っていたver.2(昨年春ロット)のバルブハンマー。
みての通り、形状違いますね…。
「ver.1で注文したから昔のver.1の部品が出てきたんじゃない?」って思います?
ver.1のバルブハンマーは…



真ん中の黒いやつね。形状は今までのver.2に近いですが微妙に違くて、黒染めしてあります。

いろいろ見比べてどうしてこういう変更がなされたのかはわかりませんが、現状維持ではなく新しい部品をわざわざ投入してきたわけですから期待を込めて新しい部品を組み込みます。

組み込…み…、あれ!?



下に2本出てる部分の間にバルブノッカーを挟んで横からピンで留めるんですが、片側のピン穴がどう考えてもキツい…。
叩き込むか圧入すれば入るだろうけど、ただでさえココが折れやすくて困ってるっていうのに…
…んっ!?
さっきの写真に戻る…



これ、左側の今までの部品…若干ハの字に開いてない??

!? 過去に折れた部品…。



奥は去年、両方とも根本から折れてる。手前が今回、ピン穴の部分だけ折れてる。

ピン穴の部分…。

…。

キタコレ!

ピン穴がキツい側だわこれ。

恐らく抜け防止で圧入するように造っているのかもしれないけど、タイト過ぎるんでしょう。
ただでさえ細い部分に組み立て時の圧入だか叩き込みの負荷が掛かって折れやすいんじゃないかと。想像ですけどね。

ここはシャシに挟まれるところなのでピンが完全にスッポ抜けることもないだろう、ということでピンの先をちょいと細くすることに。



これで「ほんのちょっとキツいけど指で入れられる」固さに。

形状の違いもありますから今後どうなるかは撃ち込んでみてのお楽しみということで。



次回はブリーチ周りをば。
  

Posted by deli  at 22:46Comments(0)Dual Maxi M1911-A1 ver.3

2015年02月28日

シェイクダウンテストをしちゃおう

さてさて、Dual Maxi ver.3 ですよ。

先日アンリミのコースでシェイクダウンしてきました。






最初に組み上げた時に一応試射をして「ちゃんと動いてちゃんと飛ぶ(キリッ」っていうのは確認しておりまして…



5mから1番の六時の黒丸を狙点にしてこんな感じ。
この時のFサイトがNightWarriorでRサイトがDualMaxi だったかな?
カートは未選別で全体的に緩め。
サイト調整は別にしてグルーピングは(DualMaxiにしては)悪くない印象。

さてこれが実際にアンリミを一周したらどうなるのか…。


RサイトをNightWarriorのものに交換してちょっと低く、カートは去年の本番選別カート(だけどノーメンテ)でいざ一周目!



80.88秒

おぅふ…。 ぜんぜんあたらん…爆

ノーメンテカートとマルイプラ0.2gの組み合わせの相性が悪すぎて抜弾抵抗が強く、初速は不安定だしヘタするとBB弾が発射されないものまで…。

カートのメンテナンスっていうのがパッキンへの給脂が主なんですが、これが結構時間がかかります。
とりあえず途中のSplash Water から「緩い」に選別されたカートに変更したらだいぶマシになりました(汗




本当は弾もプラではなくマルイバイオのほうが表面の具合がよろしいのですが、そのままの組み合わせで二周目に突入



60.90秒

20秒のジャンプア~ップ!!        



なにをやってるんでしょうね…? まったくもって…。

まぁとにかく初日としては及第点でしょうか f(^_^;





今回のテストではカートの問題はあったものの、作動に関してはほぼ満足できる出来でした。

ジャムもなく、途中ver.1マガジンがトラブって急遽使用したver.2マガジンでもなんとか普通に動いていたので良かったですよ。

リコイルスプリングの調整をもう少し煮詰めれば更に良くなるかもしれません。

今までのDualMaxi でのベストが60秒ですから今年こそなんとか60秒を切ってNightWarriorでのベスト50秒に少しでも近付けたいところですな~。



一緒に練習していたnakita さんも動画を撮ってくれていたので貼りますね。




明日は赤羽ホビーショップフロンティアさん本店2Fの特設レンジで nakita さん主催の

ロシアンスティール

が行われますよ。









ぼくはどうやら行かれないみたいなんですけどね…orz  

Posted by deli  at 15:16Comments(0)Dual Maxi M1911-A1 ver.3

2015年02月27日

アウターバレルを切った貼ったしちゃおう

さてさて、Dual Maxi ver.3 ですよ。

今回はアウターバレルを作ります。

っとは言ってもぶっちゃけこの銃はアウターバレルなくても撃てるのでかなり「やっつけ仕事」です…。

まず用意するのはDual Maxi のアウターバレルとマルイ ハイキャパ5.1のアウターバレルです。

今回バレルブッシングは使わないのでアウターバレル先端はハイキャパのコーンバレルを使い、チャンバー部分はDual Maxiのものを使います。
さらにスライドを短縮したぶんアウターバレルも短くします。



あ~、出来上がった写真しかないですな…。

上がDual Maxi 、真ん中が作ったバレル、下が残骸です。

まぁホント切って繋いだだけです。
しかも瞬着でちょいちょいっと着けただけ。





チャンバーは最前部で下に下がった状態で固定するように加工



スライド内側のロッキングラグを削り取ってショートリコイルをキャンセルしました。





次回は…(あと何が残ってるんだっけ?)…と、とりあえず先日やったシェイクダウンテストについて書きますよ。  

Posted by deli  at 22:34Comments(0)Dual Maxi M1911-A1 ver.3